ドラマ

功名が辻

功名が辻はブログには書いてませんでしたが実はずっとみてました。
原作が司馬遼太郎なので私が好きな作家ですので興味がありみてました。
これは山内一豊とその妻の千代の話なんですよね。
もう終わりですが、昨日は、晩年昔のことも思い出し、手をつないで寝ると。。。よかったです。なんだかほんわりと。

私は西田敏行を見ると西郷隆盛のイメージしかないのですが、西田敏行の家康もいいですね。
昨日は、家康が黒田に「私も歳なので誰を見てもたぬきに見える」
と言ってましたね。私には西田敏行さんが一番たぬきっぽく見えますが。。。

機会があれば、小説も読んでみようかとおもいました。


この記事へのコメント
こんにちは、「ビヨビヨ素材日記」のmalyと申します。

この度はトラックバックを頂きまして誠に有難うございます。
(こちらからも返信させて頂いたのですが、現在何故かシーサーさんから頂くトラバの返信が全てエラーが出てしまい、そちらにお返しする事が出来ません。誠に申し訳ございませんが、コメントにて失礼させて頂きます)。

昔を思い出している千代さんと一豊の場面は凄く可愛くて私も思わず和んでしまった一人です。もう少しで終わってしまうのが非常に残念ですが、あのままほんわかとしたご夫婦のままで居て欲しいですよね。

何だか寒い日ばかりが続いておりますが、お風邪にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいね。貴ブログのますますのご発展を心より応援しております。
maly
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。